最新情報

苦労ばかりの母親への最後の親孝行

自分が34歳の時、母が亡くなりました。 長い闘病生活の末だったので、自分含め家族にはお金に余裕がなく、お葬式は簡素な家族葬で済ませようと思っていた。(約15万~)しかし母には親せきや友人が多く、その人たちにもお別れをさせてあげたいという話になり、急きょ通常の葬儀を執り行うことになりました。 亡くなっ...

お金を貯めるきっかけになった出来事

お金を貯めるきっかけになった出来事は、自転車操業な生活を送っていたことです。一人暮らしを開始して働き始めた時は、収入は多くないものの、食べることはできていました。しかし、たまたま出費が多くなった時期があり、家賃分のお金が足りなくなりました。足りない家賃分のお金を借りたのがキャッシングだったのです...

20代後半でカードローンを初利用

 私は普通に生活している中で借金をすることがほとんどないので、キャッシングとかカードローンとかいわゆる消費者金融とは無縁の生活を送っていました。しかし、決して金欠にならないというわけではないので、利用するタイミングがないわけではなかったのです。  そんなあるとき、どうしてもお金が無くなってしまっ...

付き合っていた彼女からお金を借りて感謝した

 人の記憶はあいまいで不確かなものですが、本当に困っているときの記憶は消えないものです。なぜそれが言い切れるのかというと、かなりつらくて困っているときにお金の援助を受けて助けてもらったことがあるからです。  それは私が二十歳そこそこのときだったのですが、引越すための資金がなくて困っていました。そ...

子供の頃のトラウマでお金がないと不安

子供の頃とても貧乏な時期があって、そのトラウマというか「貧乏生活に戻りたくない!」という気持ちが強いのでお金はなるべく使わない主義です。ずっと貧乏だったならそれが当たり前だと思って生きていたのでしょうが、ずっと貧乏ではなかったので貧乏生活の辛さがよく分かります。 お金があって好きなものが食べられ...

お金を借りられたことで看護学校に通うことができました

一般企業で働いていましたが、将来に不安を感じ退職しました。 その後、看護師の資格があれば働く場所を探すのにも困らないと思い、看護学校に通うことにしました。看護学校に通っている間は、働くことができませんが、どうにか学費を工面する必要がありました。 色々調べたところローンを利用することができたので、...


サブコンテンツ

このページの先頭へ